口臭をなくすたった1つの方法!歯周病治療で口臭は改善できる!

口臭 口臭

今日は、自分では気付かないうちに相手を不快にしてしまう口臭について、その原因と対策についてお話ししていきますね。

スポンサーリンク口臭治療予約

口臭の大部分は口の中に原因があり、その多くは舌苔(ぜったい)と呼ばれる舌表面に付着した上皮から剥れた垢と歯周病であると言われています。
全身疾患の兆候として現れる呼気経由の口臭もあるのですが、それは極めて限定的と考えられています。
口臭は自己識別が難しく、気にする人も多くいる一方で、無自覚な人も多く社会的な健康問題となっているんです。口臭

口臭の原因

口臭とは「口あるいは鼻を通して出てくる気体のうち、社会的容認限度を超える悪臭」と定義され、生体ガスのうち、においの質と強度が問題となるのです。
口臭の大部分(80%以上)は口腔内の気体由来であり、その主要原因物質はVSC(揮発性硫黄化合物)と呼ばれる硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドです。
その中でも硫化水素とメチルメルカプタンで約90%を占めており、これらVSCは、口の内に生息している嫌気性菌が唾液・血液・剥離上皮細胞・食物残渣中の含硫アミノ酸を分解・腐敗することで産生されるのです。
原因はほとんどが歯周病・舌苔であり、この両者では舌苔からの産生量の方が多いといわれています。また通常は硫化水素の割合が多いのですが、歯周病患者はしばしばメチルメルカプタンの割合が高くなります。

全身疾患(代謝性疾患)由来の口臭は糖尿病・尿毒症・肝硬変・肝癌・トリメチルアミン尿症などが原因と考えられます。
肝性昏睡・肝硬変のように脂肪酸・メチルメルカプタン・ジメチルサルファイドと口腔由来の口臭と類似した臭いもあれば、糖尿病のアセトン臭や尿毒症のジメチルアミン・トリメチルアミンのにおいのように嗅覚によって容易に識別できるものもあります。
これら全身疾患の兆候として現れる呼気経由の悪臭は限定的なものです。

口臭の治療・予防

口臭には生理的口臭と病的口臭がありますが、その原因はほとんどが舌苔(ぜったい:舌の表面につく白い苔状のもの)です。したがって舌の清掃による舌苔の除去が最も有効な予防法です。
また何の自覚もないのに家族から口臭を指摘されるようになったら、歯周病が原因の可能性がありますので歯科医院での専門的な検査・治療が有効です。

病的口臭の治療

口臭は健康な人でも強くなることがあり、何らかの病的な原因からくる口臭を病的口臭といいます。その代表的なものが歯周病となります。
それは歯周病の原因の多くがVSCを作る嫌気性菌なのです。歯周病の他には、大きなむし歯や粘膜の潰瘍などが原因となることがありますが、これらの病気と異なり、歯周病はほとんど痛みもなく進行していきます。
何の自覚もないのに家族から口臭を指摘されるようになったら、一度、歯科医院を受診して歯周病や口臭検査を受け専門的に治療されることをお勧めします。

最近は色んな口臭グッズを乱用することでかえって口臭を悪化させているケースもあったりするので、口臭治療を行っている専門の歯科医院であれば、カウンセリングと簡易測定を無料で受けれるところがあります。
また、きちんと個室を完備していて、秘密厳守はもちろんのこと、看板に「口臭」の文字を掲げてないので、口臭治療に通っていることを悟られずに安心して通院できる歯科医院もありますよ。

口臭

一方で口の中以外では、副鼻腔炎(いわゆる蓄膿症)や、ごくまれに肝臓病や腎臓病などの全身疾患が原因となって口臭が強くなることがありますが、これらは口臭以外にも何らかの自覚症状が現れることがほとんどですから、あまり考えなくてもよいでしょう。

スポンサーリンク口臭治療予約

まとめ

今回は、『自分では気付かないうちに相手を不快にしてしまう口臭について、その原因と対策』と題して、口臭の原因を探り、その対策方法についてご紹介してきました。

あまりにも口臭を気にし過ぎると、人と話す楽しみが無くなり、身体的な健康だけでなく、 精神的、社会的な健康にも大きくかかわってしまいますよね。

口臭治療には専門の歯科医院を受診して歯周病や口臭検査を受けることが近道と言えそうですね!

それでは今回は以上になります。

最後までご覧頂きありがとうございました m(_ _)m

また、次回の四つ葉の知恵ブログでお会いしましょう!

スポンサーリンク口臭治療予約

コメント

  1. […] 【必見】自分では気付かない口臭対策記事へ […]

  2. […] 【必見】自分では気付かない口臭対策記事へ […]

  3. […] 【必見】自分では気付かない口臭対策記事へ […]

  4. […] 【必見】自分では気付かない口臭対策記事へ […]

タイトルとURLをコピーしました